• slide

会社沿革

昭和27年11月

名古屋市に会社設立。軟質塩化ビニルシート、硬質塩化ビニル管用コンパウンド、各種押出成型品の製造販売を開始

昭和31年 8月

硬質塩化ビニル管製造販売を開始

昭和34年 8月

信越化学工業株式会社による資本参加、原料・技術面で業務提携

昭和35年 7月

社団法人日本水道協会検査工場となる

昭和35年11月

硬質塩化ビニル管および水道用硬質塩化ビニル管について日本工業規格表示許可工場となる。同時に商標を「ニホンパイプ」と改称

昭和36年10月

本社および工場を小牧市に移転

昭和37年 7月

塩化ビニル管・継手協会へ加入

昭和38年 7月

排水管用成型継手「ニップラDV継手」の製造販売を開始

昭和39年10月

給水管用成型継手「ニップラTS継手」の製造販売を開始

昭和40年 1月

硬質塩化ビニル管用接着剤「ニップラ接着剤」の製造販売を開始

昭和40年 2月

自動灌水用「ニップラカンスイパイプ」の製造販売を開始

昭和41年12月

久保田鉄工株式会社による資本参加、経営、技術面で業務提携

昭和42年 4月

ポリスチレンシートの製造販売を開始

昭和43年 4月

排水管用DV継手(HASS規格)「ニップラDV継手」の製造販売を開始

昭和44年 4月

シート専用工場を新設、東京営業所を開設

昭和44年 6月

耐衝撃用「ニホンパイプHI」の製造販売を開始

昭和45年 8月

大阪営業所を開設

昭和46年 5月

ニップラシートが塩ビ食品衛生協議会でPL規格第1号として認可される

昭和46年 7月

硬質塩化ビニルシートの日本工業規格表示許可工場となる

昭和47年 2月

硬質ビニル電線管の日本工業規格表示許可工場となる

昭和50年 4月

水道用ゴム輪受口タイプの製造販売を開始

昭和50年 8月

日本下水道協会へ加入

昭和50年11月

仙台出張所、福岡出張所を開設

昭和51年12月

下水道用資器材製造工場の認定を受ける

昭和55年 4月

東京営業所を支店に昇格、仙台出張所、福岡出張所を営業所に昇格

昭和56年 4月

ニホンパイプ「ポリエチレン管」について日本水道協会検査工場となり、ポリエチレン管の製造販売を開始

昭和56年 6月

多層シートの製造販売を開始

昭和58年 1月

一般用ポリエチレン管、および水道用ポリエチレン管の日本工業規格表示許可工場となる

昭和61年 4月

排水管用成型継手「ニップラVU継手」の製造販売を開始

平成 2年 8月

岐阜県美濃市に美濃工場を建設し、シートの生産を開始

平成 2年10月

美濃工場が水道用ポリエチレン管の日本工業規格表示許可工場となり、生産を開始

平成 3年 4月

水道用ポリエチレン二層管の製造販売を開始

平成 3年10月

塩化ビニルリサイクル推進協議会に入会

平成 5年 7月

水道用ポリエチレン二層管が日本工業規格に追加され、認可される

平成 5年12月

耐衝撃用塩化ビニル管(HI)が日本工業規格に追加され、認可される

平成 9年 4月

大阪営業所を支店に昇格

平成10年12月

ISO9002認証取得

平成11年 4月

下水道推進管の本格生産を開始

平成13年 4月

美濃工場が岐阜県環境優良事業所となる

平成14年 5月

水道用ポリエチレンニ層管の生産拠点を美濃工場より本社工場へ移転

平成14年12月

ISO9001:2000移行認証取得

平成17年 2月

東京支店を日本橋に移転

平成17年 5月

ABS・PP製プラコアパイプ(巻き芯)の製造販売を開始

平成17年 5月

透明の硬質塩化ビニル管「ニホンパイプスケルトン」の製造販売を開始

平成17年 9月

シート断裁工場を新設

平成18年 7月

耐候性向上仕様カラーパイプの製造販売を開始

平成18年10月

電子部品搬送用シート「エレスケープ®」の製造販売を開始

平成19年 9月

コア加工工場を新設

平成21年10月

NP型二重管・継手の販売を開始

平成25年 4月

橋梁排水用ゴム輪受口付き塩化ビニル管の製造販売を開始

平成27年 3月

北関東営業所を開設

平成27年 5月

耐候性向上仕様カラーパイプ「ステンメタリック」の製造販売を開始